Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

【目次】オペラなひと♪千夜一夜

好きな歌手、気になる歌手を勝手気ままにご紹介するシリーズの目次。

(追記2016.1.23)
目次だけではあまりにも不便だなあと思いまして、索引も作りました。

第一夜/我が最愛の歌手 ニコライ・ギャウロフ

第二夜/忘れられし最高のバリトン エルネスト・ブラン

第三夜/神に魅入られた男 フリッツ・ヴンダーリッヒ

第四夜/20世紀の証人 ジュリエッタ・シミオナート

第五夜/“アウラ”のある女 レナータ・スコット

第六夜/現代最高のフィリッポ フェルッチョ・フルラネット

第七夜/この役を演じるために生まれてきた ドミトリ・フヴォロストフスキー

第八夜/燻し銀の味わい ミケーレ・ペルトゥージ

第九夜/シチリア・熱く燃える太陽 ヴィンチェンツォ・ラ=スコーラ

第十夜/偉大なる縁の下 合唱

第十一夜/新世代のカルメン マリーナ・ドマシェンコ

第十二夜/今世紀最初の名花 アンナ・ネトレプコ

第十三夜/“歌う俳優”の伝説 フョードル・シャリャピン

第十四夜/高貴さに包まれた暗い情熱 エットレ・バスティアニーニ

第十五夜/The King of High C ルチアーノ・パヴァロッティ

第十六夜/映像の時代に エリーナ・ガランチャ

第十七夜/マリア・カラス マリア・カラス

第十八夜/カラスの発見者 ニコラ・ロッシ=レメーニ

第十九夜/歌役者 ティート・ゴッビ

第廿夜/沈黙は金 歌わない役たち

第廿一夜/かけがえなき相棒 ジュゼッペ・ディ=ステファノ

第廿二夜/彼こそ大スター! レオ・ヌッチ

第廿三夜/迫力満点 フェドーラ・バルビエーリ

第廿四夜/偉大なる対抗馬 レナータ・テバルディ

第廿五夜/おぞましき声 ボリス・クリストフ

第廿六夜/The American Baritone シェリル・ミルンズ

第廿七夜/黄金のトランペット マリオ・デル=モナコ

第廿八夜/永遠のファム=ファタル リタ・ゴール

第廿九夜/録音時代の巨匠 ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ

第三十夜/妙なる笛の音 フルート

第三十一夜/ヴェルディ・バリトンの鑑 ピエロ・カプッチッリ

第三十二夜/伊国バスの神髄 チェーザレ・シエピ

第三十三夜/血の通った超絶技巧 チェチリア・バルトリ

第三十四夜/語学の天才 ニコライ・ゲッダ

第三十五夜/生まれあわせが良かったら ラファエル・アリエ

第三十六夜/La stupenda ジョーン・サザランド

第三十七夜/カーテンの向こうの巨人 イヴァン・ペトロフ

第三十八夜/隠れた性格俳優 レナート・カペッキ

第三十九夜/麗しき青年 アルフレード・クラウス

第四十夜/おお、我が祖国よ オーボエ&コーラングレ

第四十一夜/希国の彗星 エレナ・スリオティス

第四十二夜/愛すべきエンターテイナー アントニーノ・シラグーザ

第四十三夜/ブッフォの王様 フェルナンド・コレナ

第四十四夜/烈女 フィオレンツァ・コッソット

第四十五夜/機械仕掛けの悪魔 サミュエル・レイミー

第四十六夜/正統派は彼だ カルロ・ベルゴンツィ

第四十七夜/剛毅なる武人 ジャン=ジャコモ・グェルフィ

第四十八夜/この世ならざる者 ジュリオ・ネーリ

第四十九夜/魔性の天鵞絨 グレース・バンブリー

第五十夜/歌劇王 ジュゼッペ・ヴェルディ

第五十一夜/Mr.Ms マリリン・ホーン

第五十二夜/生命の息吹 ルチア・ポップ

第五十三夜/ローカルな藝術 イリーナ・アルヒーポヴァ

第五十四夜/失われた歌声を求めて ミロスラフ・チャンガロヴィッチ

第五十五夜/その輝きは稲妻のように ジャンニ・ライモンディ

第五十六夜/風格ある名優 ルッジェーロ・ライモンディ

第五十七夜/市井の好人物 ローランド・パネライ

第五十八夜/響きも鋭く アグネス・バルツァ

第五十九夜/ド演歌オペラ歌手 フランコ・コレッリ

第六十夜/星は光りぬ クラリネット

第六十一夜/パリの伊達男 ロベール・マッサール

第六十二夜/奇跡の方針転換 ナタリー・ドゥセ

第六十三夜/匂い立つ香気 アラン・ヴァンゾ

第六十四夜/人間的な脇の名手 ジュール・バスタン

第六十五夜/メルセデスならまかせてよ ジャヌ・ベルビエ

第六十六夜/録音史上最高音 マド・ロバン

第六十七夜/鍵を握るエレガンス ロジェ・ソワイエ

第六十八夜/老獪な舞台人 ガブリエル・バキエ

第六十九夜/抒情の歌い手 ロベルト・アラーニャ

第七十夜/人知れぬ涙 ファゴット

第七十一夜/ベル・カントの貴公子 フランシスコ・アライサ

第七十二夜/最後の刺客 ハイメ・アラガル

第七十三夜/軽量級選手 シモーネ・アライモ

第七十四夜/死の淵からの復活 ホセ・カレーラス

第七十五夜/海賊盤の女王 レイラ・ゲンジェル

第七十六夜/イベリアの薔薇 テレサ・ベルガンサ

第七十七夜/The dandy ロバート・メリル

第七十八夜/格調高い美の世界 ジェニファー・ラーモア

第七十九夜/Metを支えた演技派 ジョルジョ・トッツィ

第八十夜/凱旋行進曲 トランペット

第八十一夜/北の国の豪快なメゾ イェレーナ・オブラスツォヴァ

第八十二夜/皇帝の威容 アレクサンドル・ピロゴフ

第八十三夜/赤い時代の英雄 ゲオルギー・ネレップ

第八十四夜/波瀾万丈な生き様 ガリーナ・ヴィシニェフスカヤ

第八十五夜/マリインスキーの武者 ニコライ・プチーリン

第八十六夜/荘厳な光輝を湛え イェヴゲニー・ネステレンコ

第八十七夜/器用人 コンスタンチン・プルージュニコフ

第八十八夜/凍てつく大地の歌 セルゲイ・アレクサーシキン

第八十九夜/野性味と気品と パーヴェル・リシツィアン

第九十夜/ああ、何故、何故死は ホルン

第九十一夜/激情の詩人 ニール・シコフ

第九十二夜/華ある歌姫 ルース=アン・スウェンソン

第九十三夜/苦悩する勇者 ジョン・ヴィッカーズ

第九十四夜/再興の立役者 ルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニ

第九十五夜/歌心あふれるGiapponese 堀内 康雄

第九十六夜/気をつけよ!気をつけよ! イーヴォ・ヴィンコ

第九十七夜/公演の隠し味 ステファニア・マラグー

第九十八夜/第3の低音 プリニオ・クラバッシ

第九十九夜/最強の脇役 ピエロ・デ=パルマ

第百夜/ナポレオンは死んだが、別の男が現れた ジョアキーノ・ロッシーニ

第百一夜/私の名はミレッラ ミレッラ・フレーニ

第百二夜/知られざる実力者 ラリッサ・ジャチコーヴァ

第百三夜/伯爵の復権 ロックウェル・ブレイク

第百四夜/パ・パ・パ ヘルマン・プライ

第百五夜/真夏の夜の色 グザヴィエ・ドゥプラ
スポンサーサイト
【目次】オペラなひと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |