FC2ブログ

Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

ケンタロス



ケンタロス  ポケットモンスター25周年に寄せて
Tauros ver. 25th anniversary

今日は「ポケットモンスター」というゲームが世に出てから25周年だそうです。初代からのファンの1人として、心からお祝いしたいと思います。
コンテンツとして素晴らしい作品になったなあと思うのは、大人・子ども問わず現時点で現役で何かしらのゲームやアニメを楽しんでいる人たちはもとより、一時期離れてしまった人やもはやゲーム/アニメそのものを楽しむことはしなくなった人にも、そのキャラクターや音楽、登場人物やアイテムが郷愁を抱かせるものになっているという点です。かく言う自分もGoは続けていますし、金銀以来ひさびさに剣盾も買って少しずつ進めていますが、どちらかと言うと後者。でも、今もポケモン自体は大好きで、グラニフのコラボシャツなどは嬉々として買ってしまいましたし、推しのアイテムは(なかなか存在しないこともあって)ごりごり集めています笑。

Kentaros22022702.jpg

時の流れの速さを感じさせるのは20周年の記念作品として慌ててリザードンを拵えたことが本当につい最近のことのように思えることですが、考えてみればあれからフシギバナ、カメックスニドキングギャラドスピカチュウを作っている訳ですから、それなりに年月を累ねているんだなあと実感します。
この記念のタイミングで何を作ろうかと頭を捻ってみると、ちょうど今年は丑年!以前一度作品にしたときにも書いていますが、僕が25年間ずっと好きだと言い続けているケンタロスにぴったりではありませんか!普段あまりにも地味な扱いに甘んじていて、グッズにもならない彼らが節目の年のテーマにピッタリなどということはもう2度とは来ないでしょうから、どうしても作りたいと思って2ヶ月ほど準備を続けていました。

Kentaros22022703.jpg

前作に続き苦労したのはやはりしっぽ。三叉同じ長さ、そして細長いという作りのものがお尻からちょこんと飛び出しているというのをウシの身体に仕込むにはどうしたらいいか非常に難渋して、満足のいくものにできるまでには文字通り何日も費やしましたし、無駄にした紙もどれぐらいあったものかわかりません(もちろん当世の展開図から考えていく作家の方々にとっては難しいことではないのだと推察するのですが)。それでもどうにかこのバランスに行き着いたときには本当に嬉しくて、小躍りして妻に報告に行ったぐらいです笑。
頭のサイズや蹄を作るための仕込みを含めて最終的に割と簡単な比率に落ち着いたのもよかったところ。ただ厚みは結構なものになってしまうので、紙質をかなり選びます。最初に本折りと思って仕上げたものは糊で頑張って固定したのですが、どうも納得がいかず、ホイルで裏打ちした紙を新たに用意して作ったのが今回の写真のものです。
厚くなりすぎる部分が出てきてしまうというのは欠点ではありますが、出来上がりはもちろん、折っていて楽しいという意味でも自分としてはいいものが作れたと思っています(作品の完成度と折っていて楽しいかどうかは、不思議なことに相関しないような気がするんですよね)

Kentaros22022704.jpg

折角なので色違いも用意しました。
実のところケンタロスの色違いは、僕としては「どうしてこの配色にしたのか?」と思ってしまう色みでそこまで愛を感じてこなかったのですが、先日のGoのイベントのレイドでうまいこと1頭だけ手に入れることが出来ました。そうすると厳禁なものでなんとなく愛着が増してきまして、急遽紙を手配してこちらも作った次第です笑。

Kentaros22022705.jpg

ポーズはやはり25周年のお祝いというところで赤緑のデザインに拠るのがいいかなということで、初期の絵柄を元にしています。
ただこの点実は思うところもなくはなく。例えばピカチュウやイーブイ、プリンといった人気のあるモンスターはデザインについての研究がかなり進んでいて、グッズにしてもカラーリングや抽象化されたパーツに落とし込み、一瞬そうとは見えないのだけれど見る人が見ればポケモンのグッズだということがわかるレベルまで昇華された素敵なものがあります。ところがケンタロスぐらいのレアキャラになってしまうと、露出が少ない分その点の発展があまりにも少ない。時たまグッズが出たとしても赤緑版のポーズをごりっと押し込みました!みたいなことばかりで、タッチの差もあまりなければ思いっきりキャラクターグッズですよ感が全面に出されてしまってややおダサいテイストになってしまいがちです(このあたりもはや絶版になって久しいと思いますが絵本「ケンタロスのまもりがみのなみだ」は絵も物語も独特の世界を作っていて魅力的でした)。

Kentaros22022706.jpg

ときどき思うのが、ケンタロスが初代のゲーム環境であれほど圧倒的でなければ、或いはああして話題になるタイミングがもっとあとであったら、むしろ今もう少し日が当たっていたのではないかということです。もちろん当初は地味だし、しんかもしないしで名前すらほとんど知られていなかった彼らが小学生だった僕たちプレーヤーに知られるようになったのは、その強さがあってこそです。子ども目線の記憶になってしまいますが、あれだけゲットしづらかったにもかかわらず(実際僕は赤緑でのゲットは結局できていません……延々サファリゾーンで彷徨いていたのに……ガルーラやストライク、ラッキーは何度か獲れたのに……)、あの頃ケンタロスをパーティに入れていない子どもはいなかったのではないでしょうか。
でも、早すぎた。彼らが全盛だった時代はポケモンはもちろんゲームそのものが「子どものもの」でしたから、「子ども」を離れたコンテンツの展開はあまりなされていなかった。他方で初期の環境で強すぎたケンタロスは世代が進むに従って弱体化させられ(これが僕がポケモンから離れた理由でもあります)、大人に向けたポケモングッズが出て来るころには、ほとんど注目されなくなってしまった。
拗らせたファンのノスタルジーだとは思いますがそんな彼らに、もっと光を、という想いはつい募ります。

Kentaros22022707.jpg

さてゲームでは鬪神と謳われた彼らですが、アニメでは当時から不遇を託っていたところがあります。サファリゾーンを舞台にした回で、サトシがボールを投げるたびにケンタロスの群れに横切られ、結局30個のボール全てケンタロスになってしまう……比較的ポケモンのアニメはモンスターとの心の交流を描くような回が多かったにもかかわらず、自分の推しのときに限ってネタ要員なんてと子どもながらにかなり悲しくなったのを覚えています(しかも実際のゲームではケンタロスは群れどころか1匹出て来るだけで居住まいを正して真剣にボールを投げなければならない相手でしたから、「サトシお前、なんてうらやましい!」という気持ちもありました)。
ただ他方でやっぱりあの場面は印象的で、ケンタロスというと群れを作りたいという気持ちになります。そして作った結果がこれです笑。

Kentaros22022708.jpg

実際には「群れを作ろう!」と最初から意気込んだわけではなく、自分として気に入ったものができたこともあって、Goにハマっている母のいる実家に渡そうとか、職場の机に置きたいとか需要を見越した結果何頭か出来上がることになりました。ただこの時はホイルを使っていないので、改めて作る前のものです。
複数いるとそれなりに疾走感が増すように思えるのは欲目でしょうか?

Kentaros22022709.jpg

ひさびさの本格的な新作(実は年始のはこちらからのバリエーション)と積年の想いとで随分暑苦しい文章になってしまいましたが、今日はこんなところで。。。
スポンサーサイト



折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |

20201231_173552.jpg


Ushi (Bos taurus)

"平安と喜びがあなたにありますように"
(これはバジリオではなく、アロンソですけどね)

去年は散々な年で自分の生活が侵食される恐ろしさを知った時間でしたが、家に長いこといた分いろいろと気づきもあったし、それまでのマイナスな習慣が清算されたところあったかなと思っています。状況はどうもますます悪くなっているように見えますが、だからこそちょっと心持ちも変わって、新しいことを始めてみようとも思っているところです。

20201231_173531.jpg

去年の記事でも書いていた通りここ数年あんまり創作意欲が湧いていなかったのですが、ちょっと大きな作品を出す機会があったこともあって紙に触っているうちに、やっぱり楽しいなあという気持ちがまた生まれてきました。しかも今年の干支は昔から好きな動物のウシですから、これまで実現できていなかった蹄を表現した手の込んだものを作ろうと思った次第です。

20201231_173709.jpg

のときもそうですが副蹄は何かしら表現したいと考えつつ、イノシシとウシではメインの蹄の形がだいぶ違います。このずっしり感を出したかった。

20201231_173605.jpg

「これをやりたい」がうまくいっても別のところで引っかかってしまうのは良くある話。今回は頭の処理に悩みました。パーツはあるんだけど欲しいところに欲しい長さで伸びない!結局角に使うつもりだったパーツと耳に使うつもりだったパーツを入れ替えたらすっとまとまりました。

20201231_173514.jpg

いい感じに出来上がったんだけど、作り込めば作り込むほど美味そうな感じになってしまうのは何だんだろうw

また、このコロナで乱暴な言葉の投げ合いに疲れてしまってtwitterの個人アカウントを閉じたのですが、創作折り紙を発表するため改めて開設しました。基本的に作品発表にしぼった発信の予定。
粗製濫造にはしたくないのでたぶん低浮上になりますが、よろしければ気長におつきあいくださいませ。
@basiwolihaberi

折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Spinosaurus 2020

spino2003.jpg

スピノサウルス 2020
Spinosaurus aegyptiacus
version 2020

デイノケイルス以来の恐竜ですね。
引き続き以前に比べると創作意欲が燃え盛っている訳でもなく、今年は新作は干支だけかなあなどとも思っていたのですが、こんなニュースがあったら流石に飛びつかざるを得ず、何ヶ月かぶりに紙を引っ張り出して格闘していました笑。

<時事通信>スピノサウルスの尾の化石発見 モロッコで、泳ぎ得意か
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020043000036&g=int

spino2001.jpg

これまで発見されていなかった尾の化石が見つかったことで、ルックスが大きく変わりました。ほっそりした尾だと思われていましたが、いざ見つかって見るとうんと平たくまるでウナギやウツボのようになっていたようだということがわかりました。こいつをどうやっつけるかというところと、過去作ったものでいまいちだった脚の長さを修正したいというのが今回の課題でした。

spino2008.jpg
spino2002.jpg

右半身と左半身。

spino2006.jpg

今回のメインだった尾と後ろ足。尾は長さは確保できたんですが、鰭っぽさをどうしたものかと結構悩みました。あとは後ろ足の指の間に鰭がある説を取って指は敢えてちょっと太めにしました。

spino2005.jpg

前足。今回の復元を見てちょっとワニっぽいイメージで太めにして見たんですが、ワニっぽくしすぎたかもしれない。

spino2007.jpg

やっぱりスピノと言えば背鰭。高さの差には結構こだわりました^^

spino2004.jpg

顔のアップ。
今回は体の改修がメインだったので顔は後回しだったんですが、意外と体がいい感じになり手を抜くと目立っちゃうんで、顔だけ別途作り方を考え直して、最後に合体しました^^;
折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |

20200124_080239.jpg


NEZUMI (Mus musculus)

今更感がありますが、今年もよろしくお願いいたします。
年末年始日本にいなかったところから始まって忙しいこともあり、また最近twitterなどで上がっている素晴らしい作品を見るにつけ、自分程度のレベルの創作に価値を見出せない気持ちになりなんとなしにモチベーションが下がっておりまして、今年は干支も作らなくていいかなと思っていたのでした(完全に自分の努力や向上心の不足の問題です)。

20200124_080307.jpg

が、帰国して見ると少なからぬ年賀状が届いており、何かしら図案を作らねばならぬと考えてみると、やはり一番自分が形にしやすいのは折り紙。とはいえ今年の干支の子はあまり気乗りのしない題材でもあり、仕方なしに紙を手にしてみたところ、思いのほか悪くないものができたと言う具合です。

20200124_080246.jpg

無理矢理感はあるものの、前足も後ろ足も指を折り出しはしてあります。
昨今あまりいいものとはされていないようですが、個人的にぐらい折りはそんなに悪いようには思われないのでこちらでも特に顔の部分で使っています。

20200124_080325.jpg

実験用のマウスっぽい感じではありますが、色味としてはこれが一番締まりそうだったのでこれで行ってみました。
久々に折ってみると楽しいもので、気が向いたらまたちょっと折ろうかな。
折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Deinocheirus 2019

20190917_002724.jpg

デイノケイルス 2019
Deinocheirus mirificus
version 2019

デイノケイルスについては過去に何度か作ってみていて、そのあたりの変遷は過去のこの記事に貼ったリンクなどを見ていただければ。
この夏に科博で開催されている恐竜博では、ついにその全身の復元が日本で初公開されています。とはいえ色々な事情でここ数年恐竜に対するモチベーションも下がってきていたところ、ものの良さは認識しつつもあまり期待しないで今回は観に伺ったのですが、いざ実物の化石や復元全身骨格を前にしてみるとやはり感動するもので……旧作はあるけれども、どうしても改めて作ってみたくなってしまったのでした。

20190917_002234.jpg

いざ組まれたものを前にしてみると、過去に作ったものが如何に極端な誇張を随所に加えていたかということを痛感いたしまして(大きすぎる背鰭や前肢、鴨のようにしすぎた顔、おざなりな後肢などなど)、兎にも角にもそういった誇張を是正してなるべく自然な姿にしたいというのが今回の作成の一番強い想いでした。実のところ基本的な構造は旧作とほとんど変わっていないのですが、尖りすぎていたところや直線的すぎたところなどかなり手を入れているので、全体の印象はかなり良くなったのではないかと思います。

20190917_002346.jpg

当初発見されていた前肢のイメージがどうしても強かったものですから全身を最初に作った際にはつい前肢を大きくしてしまったのですが、全体のバランスから見るとそこまででもないので、当初前肢に使っていたパーツと後肢に使っていたパーツを逆にしました。かといって前肢の指を省略はしたくなかったのでなんとか折り出せるように苦心しまして、今回いちばん悩んだところかもしれません。また最初は風切羽も表現することを考えたのですが、それよりも腕の長さをしっかりと出したいという結論にいたり、最終的には省略しています。

20190917_002309.jpg

前肢とパーツを交換した後肢ですが、こちらは足の裏にパッドのようなものがあったということで普通の肉食恐竜を作るときとは違う表現にしたいと考えまして、ここも試行錯誤しました。最終的にできた形は結構気にいっていて、今後エドモントサウルスを作るときなどに活用できそうに思っています。

20190917_002439.jpg

思った以上に肢がうまくいったので、最後の最後まで苦しんだのは顔の処理。あまり残っていないパーツを使って、どれだけ大きさを担保しつつあの大きな頭を作ったものかと。こうして考えて見ると、今回はかなり生みの苦しみがあったんだなあと思います^^;

20190917_002454.jpg

苦労した甲斐があって最終的な出来栄えには満足しています。この夏はシーラカンスんしろこいつにしろ随分1つ1つ悩ませられましたが、お蔭で久々に楽しい創作の時間を過ごせたようです。
折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>