fc2ブログ

Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

20240101_134121のコピー


TATSU (Oriental style dragon)

去年は割と折っていなくて、9月頃に実は干支もどうしようかなと思っていました。龍の折り方自体は高校生から大学生ぐらいの時期に一度ある程度形にしていて再度焼き直すのも面白くない一方で、じゃあ何をするかと考えるのは結構大変でしたし、そういえば夏の恐竜博でズールやティラノの展示が良かったから、これを機会にそれらを作ってごまかしちゃおうかなとも。ただ、ひょんなことで「おうそれなら折ってみようじゃん」と思うタイミングがあって、例年より早く、10月ごろには試作を始めました。

20240101_134320のコピー

今回形にしたいと思ったのは髭です。
以前形にした際にはここは思いっきり端折ってしまっていたので、15年越しに作り直したというのであれば、これは作りたいと。何年か前にギャラドスを作った時にいとぐちは見えてはいたので、発想としてはこれをベースにしようと考えました。試しに一度作ってみると思ったよりも綺麗にまとまりそうだったので妻に見せたところ、「髭が短い」ということで比率をいじると、悪くない形になりました。

20240101_134701のコピー

その形で何度か試作を重ねて折り方も固まってきたので余裕なつもりでいたのですが、一旦本折りしたものを妻や妹に見せたところ、総じて「短いのでは?」という反応が返ってきてしまいました。ここからが結構しんどくて、曲げ方を変えたり比率をいじりなおしたりといったことを繰り返しているうちにあっという間に年末休暇に。最終的には頭の大きさが全体の12分の1になる形にまとめなおしています。

20240101_134047のコピー

目を作るかどうかというところも悩んだところで、個人的には折り紙の目の表現はあまり好きではないので当初はまぶただけを作っていました。しかしかなり複雑な作品になってしまったので、写真でも実物でもいまいち頭の造形が伝わらないのでは?と考えまして、最終的に折り出しています。

20240101_134358のコピー

こうして改めて改作すると、やはり15年同じものを折っているのは楽しくなくて、少しずつでも何か変えながら創作していくのが楽しいんだなと再認識した次第です。満足いく形に仕上がって嬉しいような、ほっとしたような気分で元旦を迎えました。
20240101_134748のコピー

スポンサーサイト



折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |