Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

かはくの展示から・恐竜展特別編~第4回/オヴィラプトルの仲間

このblogは国立科学博物館の公式見解ではなくファンの個人ページですので、その点についてはご留意ください。

********************************
オヴィラプトルの仲間
Oviraptorosauria
特別展

131101_1928~01

ひとくくりにしてしまったけど今回の特別展の中でも重要なポジションを占めるグループ。

上の写真はまだ厳密な種名はついていないけれども、典型的なオヴィラプトル顔の頭蓋骨。変な顔でしょ?wwどっちが前かと言われると、はてと首を傾げてしまうぐらい妙チクリンな顔をしていますが、左側が前です。
歯がない動物は、特に化石種だと大変厄介です。というのも、歯はその動物が何を食べていたかという根拠になるからで、それがないとなると何を食べていたのかよくわからない。食性は動物の生態の重要な要素ですから、これは大問題です。
このオヴィラプトルの仲間も卵食だとか貝食だとかいろんなことを言われましたが(ちなみに卵も貝も食性がよくわからない動物が食べてたことにされるものの定番。あとは蟻とかもそうですねww)、結局よくわかっていないようです。どうやら植物…?

131101_1931~01
131101_1931~02

「インゲニア Ingenia yanshini 」という名前で展示されている標本。真ん中に展示されているのが前回お話ししたホロタイプで大変貴重なもの。
オヴィラプトルの仲間では小型ながらがっしりした身体をしており、比較的研究の進んでいる種類です。が、11/20付の『恐竜の楽園』さんの記事を拝見するにどうやら名前が変わりそう^^;
遣おうと思っていた名前が既に遣われていた場合には使用できないというのは学名をつける際の基本的なルールのひとつで、「インゲニア Ingenia」という名前が既に別の生き物の学名として遣われていたことで無効名になったということ。新たな学名として「アジャンシンゲニア Ajancingenia yanshini 」が提唱されているそうですが、『楽園』さんもおっしゃってるように、今回はちょっと?な展開のある顚末です。

131101_1939~01

続いてノミンギア Nomingia gobiensis 。こいつもホロタイプ。
こいつで有名なのはしっぽの先の骨がくっついてひとつの骨、尾端骨になっていること。現生の鳥でもしっぽの骨は尾端骨になっていますが(華やかな尾があるように見えるのはみんな尾羽です)、鳥への進化とは直接関係ない独自の進化だと考えられています。とはいえ彼らも鳥に非常に近いとされる恐竜です。

131101_1939~02

それからリンチェニア Rinchenia mongoliensis ですが、これもまたホロタイプ。
こうも多いと「ホロタイプってそんな珍しいの?」と思うかもしれませんが、こんなにホロタイプがあるなんて普通あり得ないですからね!今回が異常なんですからね!笑
今回の恐竜展にも関わってらっしゃる蒙国の高名な恐竜学者リンチェン・バルスボルドさんによって名づけられた恐竜。
学名に人の名前をつける時には自分の名前をつけるということはひけらかしみたいになるのでしません。「献名」と言い、高名な人や最初に発見した人(当然自分自身でなければ)の名前を献呈するのが一般的。あれ?じゃあリンチェニアは?となりますが、これは実は事情があって、蒙国の名前の付け方として、父親の名前の後ろ半分を子供の名前の前半分にするという習慣があるのだそうで、つまりバルスボルドさんのお父さんが○○・リンチェンさんなんですね^^という訳で、お父さんに献名しているのです。

131101_1942~01

もう1個、とびきり珍しいのがこれ。これも実骨です。
なんと卵の中でかなり成長した胚がそのまま化石になっています!これにより蒙国からたくさん出てくる長細い卵の主が、実はオヴィラプトルだったということを証明した研究史的にも重要な化石です。
どこがどうなってるのかちょっとわかりづらいですが、綺麗に保存されているのはわかるかと思います^^

<参考>
・「大恐竜展 ゴビ砂漠の脅威」図録/国立科学博物館/2013
・恐竜の楽園 「インゲニアは無効名で、改名」2013/11/20
http://www.dino-paradise.com/news/2013/11/a-new-name-for-the-oviraptorid-dinosaur-ingenia-yanshini.html
スポンサーサイト

かはく | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Therizinosaurus | ホーム | ホホジロザメ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |