Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

Chalicotherium (Anisodon)

131127_0709~01

カリコテリウム
Chalicotherium
(Anisodon grande)

この前upしたテリジノサウルス、いじれば作れるのではないかと思ったカリコテリウムを早速。

どうしても「カリコテリウム」という名前のイメージの方が強いですが、どうやら最近はこの学名はお釈迦になっているようで、一番一般的なgrande種は「アニソドン」という属になっているようです。作品ではちょっとややこしいので、敢えて「カリコテリウム」で。
詳しくはこちらのafragiさんのサイトもご覧くださいませ。

131127_0712~01

一般的なカリコテリウム、なんて言いましたが、そもそもカリコテリウムってなんだよ!ですよね笑。
またまたかなり変わった哺乳類です。
指の本数が奇数でそれらが蹄になっている仲間、即ち奇蹄類(この説明はかなりざっくりです、ちょっと違うやつもいますから、まあ押しなべてということでw)、現在生きているところで言うとウマ、サイ、バクの親戚筋に当たります。
が、こいつら蹄生えてないんだよねwww前指も後ろ指も全部鉤爪!しかもなんだか長い前脚を持っていてとっても不思議な姿。
こんなやつ現在おりませんから、どんな暮らしをしてたんだろね?となる訳です。

131127_0713~01

よく立てるよねとよく言われますが、後肢としっぽで3点作れれば意外と立たせるのは難しくないもんです^^
スポンサーサイト

折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オペラなひと♪千夜一夜 ~第五十一夜/Mr.Ms.~ | ホーム | ベニテングタケ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |