Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

『銀河鉄道の夜』

140319_0729~01

『銀河鉄道の夜』

『注文の多い料理店』に続き、博ふぇす出展予定の賢治もの。
云わずと知れた賢治の代表作が今回のテーマ。

140319_0732~01

なにをしているのかというと、『銀河鉄道の夜』の原稿の写しを破いてつなぎ合わせて別の紙に貼りつけて折っています。
なるべく印象的な言葉が見えるようにするため、あらかじめ大凡の形を折ったところで見えなくなる部分に印をつけ、見えるところに貼っていったのですが、紙のサイズに対する字のサイズの制約もあり、最終的にうまくいったかは微妙なところ^^;
とはいえ、写真のとおり先頭部分に題名が来るようには何とかしましたが。

140319_0730~01

ここからのショットでも中央あたりに「天気輪」の文字が微妙に見えますw
折ったものは旧作の蒸気機関車で、そこから特に捻りは加えていません。本当はこんなD51みたいなごつい奴じゃないんですが、一般的なイメージから行けばこちらの方が近いのかなと。

140319_0731~01

意外と上から見るとSLっぽいww
スポンサーサイト

折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オペラなひと♪千夜一夜 ~第六十三夜/匂い立つ香気~ | ホーム | 禽竜今昔>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |