Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

カブトムシ

1397086826901.jpg

カブトムシ
Trypoxylus dichotomus

もう見たまんまで特段説明の必要もありませんが(笑)
ちょっと友人から依頼されていて、季節でもないのに作ってみました。オオクワガタもここから行けるかな?行けるといいな。。。

1397086834470.jpg

そもそも節足動物、特に昆虫はパーツが多くて作るのが苦手なモチーフです(^^;
だからこれまで目次で上がっている作品を見ても、多分昆虫って冬虫夏草でキノコに乗っ取られちゃったセミの幼虫部分ぐらいしか無い筈。脚がいっぱいあっても同じユニットの繰り返しで或る程度どうにかなっちゃう奴なんかはまだいいのですが。。。

今回期限付きで制作と言うことになり、いろいろ候補がある中でまずはこいつを作ることになりました。正直あまり自信はなかったのですが、苦手意識のあるようなものはこういう機会でもないと作らないだろうということで、思い切って。結果的には作ってよかったかな、と思っています^^

1397086840948.jpg

小学校中学年の理科で習いますが昆虫の身体は頭・胸・腹の3つの部分に分かれ、3対6本の脚が胸から出ています。
昆虫を作る時の「らしさ」はこういう基本的なところから来るような気がしていて、今回はそこには注意して作ってみたつもりです。ちょっと意識しすぎてごつくなり過ぎちゃたようにも思いますが。。。
スポンサーサイト

折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オオクワガタ | ホーム | 『セロ弾きのゴーシュ』>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |