Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

青蛙

1432856108879.jpg

青蛙
Sei-a

久々の折り紙記事です。
と、言っても折ってなかった訳ではなく、少しゆっくりとモノを仕上げたいなあと思っていてですね^^

を作ったときに最後にちょろっと書きましたが、日本画や日本美術的な間、リズム感が感じられる作品を作りたいと言うことを考えておりまして、その第一号です。いろいろと構想しているものはあるのですが、まずは前回古典に拘って作った蛙をもとにするのが収まりがいいように思いましたので。

1432856125047.jpg

なるべくシンプルに抽象的に、そして平面的にということを意識しつつも、折り紙らしい起伏も大事にしたいなあと言う匙加減。このあたりが研究しがいがあるなと。色紙の色は絵の具を薄く伸ばしつつ調整しています。これは結構いい手ごたえ。
折り紙そのものの紙は今回イメージに合うものが見つかったので特にいじっていませんが、今後は例えば裏打ちとか染めとか考えつつかなと。

1432856133638.jpg

蛙そのものは前回の作品とほぼ同じですが、指の長さのバランスが前回は変だった(中指を中心に左右対称だった)ので、その点のみ修正を加えています。
スポンサーサイト

折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オペラなひと♪千夜一夜 ~第八十九夜/野性味と気品と~ | ホーム | オペラなひと♪千夜一夜 ~第八十八夜/凍てつく大地の歌~>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |