Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

赭麈図

1447974667205.jpg

赭麈図
Shasu-zu
The Elk (Cervus canadensis)

イエローストーンで観た生き物をテーマにした作品を、グリズリーバイソンに続きもうひとつ。エルクです。
公園内で最初に出逢った野生動物であり、終盤にはかなりの群れも観ることができました。ホストファミリーの家では夕食にも出て来て、とっても美味しかった!とはいえ臭みがあるので、趣味は別れるかも。
知識として知ってはいましたが、実際生きたものを間近に観ると大きいこと大きいこと。

1447974675012.jpg

欧米での大型のシカの呼称にはかなり混乱があり、私もきちんと把握できてはいないのですが、ここで人々にエルクと呼ばれていたのは、ワピチと呼ばれることもあるアメリカアカシカでいいのだと思います。
ちなみに欧州でエルクというとヘラジカのことになります。

1447974685054.jpg

野生動物で、しかもかなり大きな生き物ですから、それなりに距離を保ちながら静かに静かに眺めていた、その独特の静かな緊張感と、その中でもひしひしと感じられた生命力は忘れられません。
その双方を表現できないかと考えて、紙選びをしてみました。

1447974694492.jpg

今回はうまくパーツが作れたので前足後足ともに副蹄もつけてみました。
スポンサーサイト

折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オペラなひと♪千夜一夜 ~第九十九夜/最強の脇役~ | ホーム | 怪蟇図>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |