Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

2016

あけましておめでとうございます。
いろいろなところで昨年は変化がありましたが、今年もいろいろありそう。
続けて書いていければと思っています。

2016.jpg

アンドリュウサルクス
Andrewsarchus mongoliensis

今年もまた干支と古生物

申年ということでネタを探したのですがどうしても見つからず......かなり厳しいながら、『アンドリュウ「サル」クス』ですf(^^;

陸上の肉食哺乳類で最も大きな頭として知られています。名前は蒙国に探検に向かったロイ・チャップマン・アンドリュースにちなんで名付けられました。
インパクトのある超巨大な頭蓋骨こそよく知られてはいますが、それ以外の骨は殆どわかっていません。このためその全貌はさっぱりわからないと言っていいでしょう。昔はクジラの先祖に近いと言われていましたが、現在では否定されていますし、肉食に疑問を呈する声もあるのだとか。

というわけで、今回はアンドリュウサルクスは頭だけ。それだけだと寂しいので、まわりにサルを遊ばせてみました(^^)
スポンサーサイト

お年賀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< | ホーム | Dürer's "Rhinocervs">>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |