Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

酉/鳳凰




TORI (Gallus gallus domesticus)

2017年も無事に明けました。
昨年はあまり更新できませんでしたが(特にオペラな人)、今年こそは!と思っております。

今年は喪中で年賀状を出さなかったので、干支と古生物は中断。但し、毎年折っている干支の折り紙は今年も準備しました。



鳥は苦手なモチーフです。
苦手というより羽毛をどう表現すべきか自分の中で見えていなかったという方が正確かもしれません。そんな訳で今回はかなり苦労しました。何だかんだ他の方の作品を参考にしながら、蛇腹で纏めてみました。新規性はないなあと思いつつも、まずは纏まったかなと思います。



蛇腹を使って背中側の羽毛も表現しています。
全体には軍鶏のイメージ。



鳳凰
Phoenix

で、いくつか作っているうちに比率を間違えてできたのがこちら(^^;
まあ酉をいじっている途中でいずれ作ろうと思ってはいたので、結果オーライということで笑。



思った以上に身体が膨れてしまって、纏めるのに難渋しました。タントは好きな紙なのですが蛇腹をやるにはちょっと固すぎるな。



それでも意外と纏まったので一緒に挙げてみます。
妻には「オヴィラプトル......?」と言われてしまいましたが(^^;確かに行けそうw
スポンサーサイト

折り紙 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鯨鉢 | ホーム | 凶龍>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |