Don Basilio, o il finto Signor

ドン・バジリオ、または偽りの殿様

水浴する河馬

調子に乗って昨年のこのころ作った作品を

130316_0841~01

水浴する河馬

珍しくあまり説明のいらない主題(笑)
ですが、一応説明しておくと、カバが水の中から顔を出して大きく口をあけているところ。単純にあくびかもしれませんし、何かに威嚇しているところなのかもしれません。

130316_0843~01

実は個人的には現生の動物で一番好きなので、なんどか作品化しようとしてきたものでもあります。
下顎のでっぷりした感じとかを出せていたらと思っているのですがいかがでしょうか?

130316_0844~01

カバと言えばやっぱり大きな牙の並んだ口。
最初はこれを折りだしつつカバの全身を折りたいと思っていたのですが、いくつか作ってみても納得できず。そのうち、陸上にいて全身が見える状態のカバがこうやって口を全開にしている姿はあまり見ないし、それで作ってもいかにも作品のために作った、というかあまり自然な感じのしないものになってしまうなと思うようになり、一旦白紙に。結局折りだしたいのはこの口なんだし、それを折りだすうえで自然な格好にしようと考え、こういった形に。

130316_0844~02

背面から。結構背中長めです。
必要なパーツを考えていったら意外と角もいらず、複雑な形から作っていくことは全然ないのに気付きました。結局こいつのベースになっているのは、伝承作品の「蛙の基本形(または菖蒲の基本形)」です。
比較的平易なところから作りたかったものができたのにちょっと満足^^
スポンサーサイト

折り紙 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<【目次】折り紙 | ホーム | Amargasaurus>>

コメント

なんのこっちゃと思って開いたら、的確に上手くて笑ったww
2013-03-19 Tue 15:17 | URL | 銀狐 [ 編集 ]
>銀狐様

これ以上何を具体的に言ったらよいのか、というようなタイトルですが何か?www
2013-03-20 Wed 22:45 | URL | Basilio [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |